お知らせ

法要について(四十九日まで)

仏教では亡くなった人の命日から数えて七日ごとに生前の功罪が裁かれるといい、遺族は故人が極楽浄土に行けるよう善を送る法要(追善供養)を営みます。

初七日(しょなのか)二七日(ふたなのか)三七日(みなのか)四七日(よなのか)五七日(いつなのか)六七日(むなのか)七七日(なななのか)の計七回を忌日として、この四十九日間を
「中陰(中有)」といいます。
 

亡くなってからの日数の数え方は 亡くなった日を一日とし、翌日を二日目として四十九日目を迎えます。


近年では最初の法要となる初七日は葬儀当日に合わせて行うことが多くなっています。また、初七日と四十九日以外は遺族のみで行うケースが増えているようです。
ページトップへ戻る