お知らせ

お盆について

お盆の風習は地域性のあるものなので、これが正しいという形はありませんが盆棚(精霊棚)をつくり浄土からお戻りになったご先祖様をおもてなしして共に過ごすというのが一般的でしょう。

【お盆の期間は?】
 明治以前は日本のどの地方でも(旧暦)の7月15日を中心に13日に迎え盆、16日に送り盆を行いましたが今では8月15日を中心にひと月おくれの盆行事をする地方も多いようです。

【お盆の行事は?】                  
13日--------------------------------------------------
〔迎え日〕盆棚〔精霊棚〕に故人の位牌と供え物をします。

お位牌をご仏壇から盆棚〔精霊棚〕へ移す。

●まこもを敷き仏具、御霊膳、百味五菓の供物、水の子、香、花、牛・馬の乗り物を供え盆提灯をわきに置く。         

●牛・馬・・ご先祖様は胡瓜の馬に乗って戻ってきて、茄子の牛に乗ってゆっくり浄土にお帰りになるといわれています。

●百味・・・いろいろ沢山のおいしい物という意味です。

●五菓・・・瓜、茄子、麺、饅〔まんじゅう〕餅〔もちの物〕

●水の子・・お椀に水を張り、その内に生米と茄子、胡瓜を細かく切ったものを入れます。迎え火

●夕方〔午後4時ごろから〕早ければ早いほど良いとされています。

●素焼皿〔ほうろく〕とおがらをお墓に持参しお墓で迎え火を焚いて、その火でお迎え提灯に火をつけて自宅に帰り、更にその火で白提灯に点火します。

●お墓に行けない場合は角迎えといって自宅角にて迎え火を焚いても結構です。


14日〜15日--------------------------------------------
毎朝水の子、ご仏膳等のご馳走を準備

16日--------------------------------------------------
〔送り日〕ご先祖様は午前中まで皆様と一緒に家にいらっしゃいますのでお供え物は致します。夕方送り火を焚いてご先祖様の霊をお見送りします。〔地域によっては15日にするところもあります。〕

17日--------------------------------------------------
後片付け盆棚に供えたお供物は昔は川や海に流しました。〔これを精霊流しといいます〕しかし今はできませんので庭先で焼くか決して粗末にならない様に処理をしましょう。

※新盆はどうするの?
「新盆」「初盆」は肉親を失ってから初めて迎えるお盆の呼び名です。(四十九日の忌明けの前にお盆が来る時はその翌年が新盆になります。)    

地域によって異なりますが新盆には新盆提灯として白張りの提灯を飾ります。最近ではその後も続いて使えるように新盆の時から模様入りの盆提灯を飾ることもあるようです。

提灯の明かりでご先祖様の霊が道に迷わないようにするためだといわれています。


※(有)泰進社では毎年、当社でお世話させていただいた御葬家様で新盆をお迎えするお宅に新盆用の白提灯を贈らせていただいております。


お問合せ・ご相談などお気軽にどうぞ。 03-3951-2683
ページトップへ戻る