お知らせ

埋葬料、葬祭費について

葬儀後にしなければならない手続きはいくつかありますが、今回は申請しなければ
いただけない埋葬料や葬祭費(自治体により呼び方が異なります。)の要点をまとめてみました。




【健康保険から埋葬料をもらう手続き】

健康保険(国民健康保険以外の医療保険)に加入していた本人が亡くなった場合、埋葬料として給与(標準報酬月額)の1ヶ月分を受け取ることができる。



・受け取りの手続き
⇒社会保険事務所または勤務先が加入している健康保険組合に所定の書類を提出



・手続きに必要なもの
⇒健康保険証、死亡診断書のコピー、印鑑、振込先口座番号、葬儀費用領収書(遺族以外が申請する時)



・申請期間
⇒亡くなった日から2年以内会社などに勤務してる人は勤務先で手続きを代行してくれる場合もある




【国民健康保険から葬祭費をもらう手続き】

国民健康保険に加入していた本人や扶養家族が亡くなった場合、葬式の費用として一定の金額が支給される(3万円〜7万円までと市区町村により差がある)



・受け取りの手続き
⇒役所の国民健康保険課


・手続きに必要なもの
⇒健康保険証、印鑑、振込先口座番書、葬儀費用の領収書(世帯主以外が申請する時に必要な場合もある)



・申請期間
⇒亡くなった日から2年以内

念のため、前もって社会保険事務所や役所に確認してから手続きにお出かけになることをお勧めします。
ページトップへ戻る