お知らせ

死亡届・死亡診断書・火葬許可証について

死亡診断書は死亡が確認された時医師が作成する書類です。


この書類を死亡の事実を知った日から7日以内に役所に提出しなければなりません。この死亡診断書の提出が死亡届になります。
役所に提出すると発行されるのが火葬(埋葬)許可証です。
この許可証がないと火葬や埋葬ができません。なお、遺体は死後24時間経たないと火葬・埋葬はできません。(墓地埋葬法)
死亡診断書の提出先は死亡した場所、死亡者の本籍地、届出人の所在地のいずれかの区市町村です。遠方で亡くなった場合、当地の役所へ届け、許可証をもらえればその地で火葬できます。
死亡届には亡くなった方の本籍地や筆頭者の名前を書く欄があるので事前に確認しておくとよいでしょう。

  


 葬祭研究グループ発行「偲びのこころえ」より
ページトップへ戻る