お知らせ

香典返し

【香典返しの時期】

・仏式
四十九日の忌明け後に挨拶状を添えて送るのが一般的です。四十九日が死亡月を含めて三ヶ月目にあたる場合は三十五日に贈ることがあります。
 
水引は黒白かグレーで、表書きは「志」か「忌明志」が一般的です。




・神式
五十日祭が終わった後にお返しをします。
 
水引は銀か白で、表書きは「偲草」「志」などです。



・キリスト教式
香典返しの習慣はありませんが、一ヵ月後の命日頃にお返しをすることがあります。

 水引は銀か白で表書きは「記念品」「志」です。




・香典返しをしない場合
生計を担っていた世帯主が亡くなった場合、香典を遺族の生活費などに充てることがあるため、香典返しをしなくても失礼にはあたりません。

また、故人の遺志で香典を福祉施設などに寄付した場合も香典返しをしません。

※ただし、しない場合は挨拶状を送るのが礼儀です。




・即日返し
 最近は「即日返し」といって、通夜や告別式の日に香典の金額にかかわらず三千〜五千円の香典返しを渡してしまう家も増えています。

その場合でも香典の金額が二万円を超えるくらい大きかったら四十九日の法要後にそれに見合った品物を贈るようにします。




■香典返しの選び方
 香典返しは いただいた香典金額の三分の一から半額位の品物をお返しします。かつては消耗品を贈るのが一般的でしたが、最近は、どの家庭でも喜ばれる必需品を贈ることが多くなっています。
また、贈られた方がカタログから好きな品物を選べる「チョイスギフトシステム」なども人気です。
ページトップへ戻る