お知らせ

お盆の棚経

お盆の期間中、檀信徒の各家々に旦那寺のお寺さんがこられて、精霊棚や仏壇の
前でお経を上げていただくことをお盆の棚経といいます。
(浄土真宗では精霊棚などの特別なお飾りはしませんから、棚経とはいいません。)

お盆の期間中にきていただけるなら、精霊棚や仏壇のお飾りがされているので、そのままで
いいのですが、それ以前にお寺さんを迎えるということもあります。そんな時はわざわざ日を繰り上げて盆の飾りをする必要はなく、仏壇をきれいにし、灯明,線香、花、季節の初物などを供える程度にします。
ページトップへ戻る